とうきび日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田舎

私は今群馬の実家にいてここ2日くらいTwitterもやらずに潜っていたんだけどさっき目が覚めたのだった。
Twitterどころかほとんど携帯も触らなかった。PCもつけない。ネットワークに繋がない。
やったのは車の運転とラブプラスくらい。

ネットも何もやらない田舎の生活は時間の流れが遅い。ものすごく遅い。
でも気づくとあっという間に夜だ。何もできないうちに。
Twitterをやっていない分、色々できる時間は増えているはず。
頑張って何もやらない自分が悪いだけなのだが、どうやらここでは相当頑張らないと何もできない。
そして何もやらなくてもこの地では生活が成り立ってしまうのだ。
ここではみんなそれなりの生活ができるだけ働いて、あとは休んだり遊んだりしているらしい。
遊ぶって言ってもいくらも選択肢がない。
美術館もなけりゃライブハウスもなく、それどころか買い物をするお店も不十分だ。
欲しいものなんてそう簡単に手に入らない。
ある程度働いて車を買わなきゃ自由なんてないも同然らしい。
車を買ったって東京の暮らしの3分の一も便利じゃない。
欲しいものを買いに行く手段ができたって、欲しいものを売っている店がない。

やっぱり思ったのは、この土地には私は合わないということ。
ここでの暮らしはそう悪いもんでもないと思う。
でも私とは価値観が違いすぎる。
もしここで暮らしていくことが「幸福」というものなのだとしたら、
私は「幸福」なんていらないと思った。
ここに暮らしている人達はその「幸福」が絶対的なものだと信じているようで、
私にその「幸福」を押しつけてくる。
わざわざそんな大変な道を行くことになんの意味があるの?
ここで平和に暮らしていくことこそがこの世の「幸福」の全て。
そんな風にみんな思っているらしい。

私は放っておくと何もしない人間だ。
何もできなくなってしまうのだ。駄目人間なのだ。
私は駄目人間だから、ここにいると駄目人間で終わってしまう。
「(私は何もできないから)わざと自分を追いつめてる」
という話を友達の前でこぼした時、
「私はそんな風には考えられない、すごい」
と言われたことがある。
すごくなんて全然ない。私が駄目なだけなんだ。
きっとその友達は、追いつめなくてもできる人か、
できなくても平気な人なんだ。
私はどっちにもなれない。
だからこんな風に生きるしかないと思った。

私はそのままだと何もできなくて、でも何もできないのが辛くて仕方が無くて、死にたかった。
死なないためにはこうするしかないと思った。
厳しいところにわざと身を置くということ。
追いつめすぎて苦しくなることもままあるけれど、それで死んだらその程度かなと思ってる。
人から見たら馬鹿な考えかもしれない。
諦めて楽に生きたら幸せだよと思われるかもしれない。
でも私は諦めきれないから、きっとそのまま生きていられないで死んでしまうと思う。
他に価値観をおくなんて今更できない。
そんな選択肢そもそも私の中にない。

多くの人のように生きることは私には無理だなぁと思ったのは、小学校の中学年くらいの頃。
家族以外の人間と接するようになってずっと違和感はあったけど、そう確信したのはそのくらいだった。
大人になる前に死ぬ予定だったんだけど、予定が狂ってしまいました。
せっかく生きるならなにかしようと思った。
そうじゃなきゃ生きる意味がないと思った。
なにもしなくても生きることはできるけど、私はそれでは生きていけないと思った。
いまでも死にたいと思うことは多々ある


眠いのでもう寝ます。
 
スポンサーサイト
  1. 2010/08/16(月) 02:38:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<膣外射精 オフ会☆アフターバーナー | ホーム | 7/18 受験対策@早稲田 茶箱>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ctt.blog50.fc2.com/tb.php/13-7dc920b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

えはらあい

Author:えはらあい
写真やってます。「ドアノブ少女」(アスペクト)など。ふらふら生きてます。 連絡先→tomorokoshi6[at]gmail.com

過去ログ

カテゴリー

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。